So-net無料ブログ作成

レディ・プレイヤー1:スピルバーグの夢? [映画]

rp1.jpg
READY PLAYER ONE (2018)
http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

これは凄い。面白かった!復習後再UP予定。(多分。)
映画なんて監督の趣味趣向の世界には違いないけど、本作こそまさにスピルバーグの夢が詰まった(あえて言うけど)ファンタジー作品。っていうか自伝かもしれない。(爆;)登場キャラが多すぎて、多分みんなが自分の想い出の範疇で「あのキャラ知ってる!」って言うと思うけど、各キャラの登場時間が短いので記憶から漏れる事間違いない。それにしても劇中ダンスシーンでバッカルーバンザイの衣装に興奮するヒロインって、どれだけマニアックな設定だよ!世界観的には「マトリックス」よりも「サロゲートのVR版」だろうか?冒頭ヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」で始まる80年代の音楽を何の気なしに訊いてたら、実はこれ自体が作品テーマだったのね。ラストシーンまで心憎い演出満載でSFファンの心をくすぐるサービス精神いっぱいの大傑作。スピルバーグだからキャスティングがイマイチ(失礼)なのは我慢するとして、悪役組織も悪役度・残酷度・制裁度(報いを受ける度とでもいうのか、)が中途半端なのが気になったけどね。それと最近のブームに沿ってか?悪役女の髪型はオンザ眉毛ね。(笑;)シャイニングのくだりであの大男キャラ(名前忘れた)が素っ裸のあの女性に物怖じしなかったのは本人がアレだったからだよね?きっと。(一連の再現シーン最高!)どうせ全キャラを確認出来る訳ないけど、そういう目的ではなく、また夢を観るためにこれも復習予定。


*ちなみにバカルーバンザイは多分学生時代にビデオで観た。リアルな宇宙船激突シーンと主演のピーター・ウェラーしか覚えていない。あと後向き操縦席で照準に苦労するシーンか。






nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

パシフィック・リム:アップライジング :傑作怪獣映画の続編だが!? [映画]

pru.jpg
PACIFIC RIM UPRISING (2018)
http://www.pacificrim.jp/

4月に観たけどコレもいいね。メチャメチャ好き。前作が傑作だっただけに、それ以上を期待してガッカリしないか心配してたけど、私は全然大丈夫。欲を言えばもう少し血沸き肉躍る演出希望。予想外にダークな展開にビックリしたけど意外とアッサリ解決できちゃうし?中国企業の女社長も最後奮闘してくれるし。惜しむらくは女社長、暑いであろうコクピット内でもう少し薄着になれば人類の半分(男性)がもう少しハッピーだったかもしれない。(爆;この発言、もしかしてこの時代ではセクハラ気味かい?)一瞬ガンダムも出てくるけど作品的にはスルー。(苦笑;)世間の評価が低めなのが気になるけど私は凄く面白かったです。

*観たらすぐ感想書かないと・・・忘れますな・・・!(爆;)




nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー:主人公はアイツか? [映画]

avifw.jpg
AVENGERS: INFINITY WAR (2018)
http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/
ホントだよ。『レッド・スパロー』(のジェニファー・ローレンス)を見逃したからといって、スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセン目当てで観に行ったわけじゃないよ。(爆;)

5月連休半ばの平日。私はお休み、娘達は学校、妻はお仕事、外は雨。仕方なく[揺れるハート]  映画館に飛んで行き鑑賞したけど・・・エライもの観てしまった。素直に面白かったと言えない衝撃を受けた。巷の作品紹介記事ではネタバレ禁止云々と言ってたけどその気持ちが良くわかる。復習予定だけど観てどうなるものでもないと悩み中。(悩;)さて次回はどうなるんだろう?絶対観なきゃ。

ストーリー的にはちょっと混戦混乱気味。登場キャラと各イベント開催場所がたくさんあって物語にイマイチ没頭できず。(そういえばジェレミー・レナーとアントンマン、出なかったな・・・。) 終盤の闘いなんてスターウォーズ新3部作(Ⅰ~Ⅲ)のCG大戦みたいで興ざめしたし。結局肉弾戦になるし。(←それは否定しないけどね。)アイアンマンがナノマシン仕様になって何故かガッカリしたし。(トランスフォーマーの新作もそうだけどさ。ガチャガチャいって変形合体する姿に興奮した人種にとってCG感アリアリの描写はちょっと・・・ね。)

にしても各キャラと出身地(=冠映画、って言葉あるのかな?)、それぞれの世界観が確立されているが故に劇中の各エピソードへの感情移入が強すぎて、誰のために涙を流しているのか訳わかんなくなったというのが正直な気持ち。最後の最後で仰天したけど、あのキャラ自身も信じるものの為に突き進んでいたという事実。どう咀嚼していいのかわからないな・・・。各キャラの出演作を全て予習したいところだけど趣味趣向の世界だからそれも叶わず。どうしよう・・・やっぱりもう1回観ようかな?


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

TOHOシネマズ日劇(日劇PLEX)の思い出 [映画]

思い起こせばここに初めて来たのは・・・おお、10年前だ!
http://yakoha.blog.so-net.ne.jp/2007-07-26


nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ! :爽快娯楽作品! [映画]

navyseals.jpg
RENEGADES (2017)

諸々の理由で予備知識無しで観たけど、意外と(失礼;)面白かったよ!アクションシーンは短めだけどそれがメインじゃないこの作品。アメリカ海軍組織が1市民の為にここまで奮闘するものが?とか、見どころであるハズの金塊搬送方法も、敵の中途半端さも、脚本的な甘さは気になるけど、本作はリュック・ベッソンの息がかかっているもの。(私は好きですよ。)幸せな展開・エンディングを迎えるころにはそんな些細な不満は忘れられる面白さがあり。105分という丁度良い長さなのでコスパ的には高かったと思います。ところで劇中何度か「デルタフォースに勝ったエピソード」があるのにそのシーン無かったよね?

*私は「ネイビーシールズ」を冠する作品の中では、チャーリー・シーン&マイケル・ビーンのが大好き。レーザーディスク持ってた頃、初めてサラウンドシステムの良さを知った映画でもあるし。
*これも先月観たから・・・結構忘却気味。(泣々;)


nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

キングスマン:ゴールデン・サークル:カントリーロード最高! [映画]

km_01-1.jpg
KINGSMAN: THE GOLDEN CIRCLE (2017)
時々ペナン方面に出張があった時に泊まったホテルが「ゴールデンサークル」って会員プログラムやっててさ。私は会員になってるんだけど(爆;)まさか悪の組織だったとは!(嘘;)
http://www.shangri-la.com/corporate/golden-circle/

そんな私なので親近感あるこのタイトルはもとより、前作があまりにも面白かったので当然のようにレイトショーで鑑賞。鑑賞対象は限られるけど幸せな映画。なんつっても衝撃のアクションシーンを魅せたコリン・ファースが復活した事と、荒唐無稽寸前の各種ギミック・秘密兵器の面白さが痛快でね。新キャストも魅力的な人ばかりで、ジュリアン・ムーアの罪悪感の無い笑顔が恐ろしくて!若返った感のあるハル・ベリー(同じ役名で何かに出たよね?)、久々に観たジェフ・ブリッジス(いいオジサン!)、意味が解らない本人役のエルトン・ジョン(こんな感じの人だったの?)と、いいキャラ満載。なぜかあまり印象に残らなかった同業者ステイツマンはアメリカ文化好きじゃないと理解できないのかな?(実はよくわからなかった。)エミリー・ワトソンがすっかりオバチャン(失礼;)になってたのがショックだったな・・・。
もちろん前作キャストの顔をみた途端に懐かしさで一杯になって。主人公と同期のロキシーなんて「お!がんばってるね!」って、大きくなった親戚の子みたいに感じたし。王女様も幸せそうで。それと今回は格好良過ぎるマーク・ストロングね。カントリーロード最高!

ストーリーに触れない感想文も何だけど、私はコリン・ファースの「復活」シーンに泣いてしまった。タロン・エガートンの想いもコリン・ファースの戸惑いや蘇る記憶の過程が手に取るようにわかってさ。そこから先の幸せなエンディングまで、巣立つ我が子を観るような想いで劇場を後に出来ます。但し前作同様、グロ気味な描写が突然出てくるので明らかに年齢制限必要な本作。シリアスじゃないけど大人の娯楽スパイ映画好きにおススメ。繰り返すけど、とても幸せな気分になれます。

*先月観たんだけど・・・感想文書こうとしたら、意外と忘れてますな!(泣;)



nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:映画

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー :予告編に感激! [映画]

SOLO_TITLEb.jpg
SOLO: A STAR WARS STORY(2018)

前の「最後の~」記事でこの「ハン・ソロ」のタイトルに「正気の沙汰か?」と書いたのは悪かった。ごめんなさい。謝る。・・・っていうか「ハン」は邦題で追加されてたのか!
SOLO_TITLEa.jpg
そんな不安を消し去ってくれるこの予告編。(これこそ衝撃。)帝国のパイロット面接受けてたり、スリム気味なチューイがいつも通りの唸り声をあげてたり、ミレニアムファルコンの弧状通路の内装が真っ白だったり、ランド・カルリシアン(だよね!?)や素敵なお姉さんがいたり、ウディ・ハレルソンの存在感に感激したりと、ハン・ソロ役のキャスティングなんてどうでもよくなるくらい(失礼;)期待感で一杯になった。楽しみ・・・!



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

スター・ウォーズ/最後のジェダイ:次回の三角関係に期待(嘘;) [映画]

01_EP8.jpg

スター・ウォーズ/最後のジェダイ 
Star Wars: Episode VIII - The Last Jedi

妻と次女のインフルエンザが回復するまで家事手伝いに翻弄した昨年末。なかなか風邪ひかない私と長女が「・・・バカなのか?」と心配になった頃、クリスマスイブにも気づかぬまま4DX吹替え版を回復した家族と鑑賞。
4DX初体験の私は冒頭いきなり気分が悪くなり、夜までず~っと偏頭痛で作品に集中できなかった。(泣;もともと偏頭痛持ちでさ~。大好きな映画館内で発生しなくていいのに。)
そして年明け早々、字幕版で復習したけど未だ消化不良気味。でも面白かった。出来ればもう一回観たいけど「キングスマン」続編が控えてるので・・・。なんか「ダークナイト・ライジング」を観た直後の気分で、傑作「ダークナイト」の続編への期待とのギャップに落胆してたら後日じわじわと面白さが理解できてくる、って感じだろうか?もちろん本作、一度でもフォースを信じた人種(=私)必見。ところで予告編で観たスピンオフ「ハン・ソロ」のタイトルは正気かね?(爆;)なんか別な意味で衝撃的なタイトルクレジットでさ。もうちょっと凝ってもいいじゃん・・・ブツブツ。


ネタバレ無しでの感想は、良くも悪くも期待を裏切られた新たな展開って感じで最後まで楽しめた。前作「~覚醒」のラストシーンで見つめ合うレイと老ルーク。レイの差し出すライトセーバーを手に取りルークは「 I am your father...!」レイは眉一つ動かさず「... I know. 」・・・という展開にはならなかったので安心した。(爆;まさかまかさそうなるハズは無いと思ってたけどさ。やっぱりそんなハズないよね。)ソレハサテオキ。キャリー・フィッシャーの遺作となったエンドクレジットに彼女の名が二度登場・・・二度目は「姫君の思い出と共に」(私の意訳)と添えられている。何といってもマーク・ハミルが再びライトセーバーを振るう姿を大スクリーンで観れるとは!アンソニー・ダニエルズとフランク・オズの名がクレジットされているのも嬉しいし。


以降、思いっきりネタバレ+個人的な感想+愚痴ですので未見の方は閲覧注意。

<続きを読む>


nice!(17)  コメント(19) 
共通テーマ:映画
TweetsWind