So-net無料ブログ作成
2018年04月| 2018年05月 |- ブログトップ

レディ・プレイヤー1:スピルバーグの夢? [映画]

rp1.jpg
READY PLAYER ONE (2018)
http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

これは凄い。面白かった!復習後再UP予定。(多分。)
映画なんて監督の趣味趣向の世界には違いないけど、本作こそまさにスピルバーグの夢が詰まった(あえて言うけど)ファンタジー作品。っていうか自伝かもしれない。(爆;)登場キャラが多すぎて、多分みんなが自分の想い出の範疇で「あのキャラ知ってる!」って言うと思うけど、各キャラの登場時間が短いので記憶から漏れる事間違いない。それにしても劇中ダンスシーンでバッカルーバンザイの衣装に興奮するヒロインって、どれだけマニアックな設定だよ!世界観的には「マトリックス」よりも「サロゲートのVR版」だろうか?冒頭ヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」で始まる80年代の音楽を何の気なしに訊いてたら、実はこれ自体が作品テーマだったのね。ラストシーンまで心憎い演出満載でSFファンの心をくすぐるサービス精神いっぱいの大傑作。スピルバーグだからキャスティングがイマイチ(失礼)なのは我慢するとして、悪役組織も悪役度・残酷度・制裁度(報いを受ける度とでもいうのか、)が中途半端なのが気になったけどね。それと最近のブームに沿ってか?悪役女の髪型はオンザ眉毛ね。(笑;)シャイニングのくだりであの大男キャラ(名前忘れた)が素っ裸のあの女性に物怖じしなかったのは本人がアレだったからだよね?きっと。(一連の再現シーン最高!)どうせ全キャラを確認出来る訳ないけど、そういう目的ではなく、また夢を観るためにこれも復習予定。


*ちなみにバカルーバンザイは多分学生時代にビデオで観た。リアルな宇宙船激突シーンと主演のピーター・ウェラーしか覚えていない。あと後向き操縦席で照準に苦労するシーンか。






nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:映画

パシフィック・リム:アップライジング :傑作怪獣映画の続編だが!? [映画]

pru.jpg
PACIFIC RIM UPRISING (2018)
http://www.pacificrim.jp/

4月に観たけどコレもいいね。メチャメチャ好き。前作が傑作だっただけに、それ以上を期待してガッカリしないか心配してたけど、私は全然大丈夫。欲を言えばもう少し血沸き肉躍る演出希望。予想外にダークな展開にビックリしたけど意外とアッサリ解決できちゃうし?中国企業の女社長も最後奮闘してくれるし。惜しむらくは女社長、暑いであろうコクピット内でもう少し薄着になれば人類の半分(男性)がもう少しハッピーだったかもしれない。(爆;この発言、もしかしてこの時代ではセクハラ気味かい?)一瞬ガンダムも出てくるけど作品的にはスルー。(苦笑;)世間の評価が低めなのが気になるけど私は凄く面白かったです。

*観たらすぐ感想書かないと・・・忘れますな・・・!(爆;)




nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー:主人公はアイツか? [映画]

avifw.jpg
AVENGERS: INFINITY WAR (2018)
http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/
ホントだよ。『レッド・スパロー』(のジェニファー・ローレンス)を見逃したからといって、スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセン目当てで観に行ったわけじゃないよ。(爆;)

5月連休半ばの平日。私はお休み、娘達は学校、妻はお仕事、外は雨。仕方なく[揺れるハート]  映画館に飛んで行き鑑賞したけど・・・エライもの観てしまった。素直に面白かったと言えない衝撃を受けた。巷の作品紹介記事ではネタバレ禁止云々と言ってたけどその気持ちが良くわかる。復習予定だけど観てどうなるものでもないと悩み中。(悩;)さて次回はどうなるんだろう?絶対観なきゃ。

ストーリー的にはちょっと混戦混乱気味。登場キャラと各イベント開催場所がたくさんあって物語にイマイチ没頭できず。(そういえばジェレミー・レナーとアントンマン、出なかったな・・・。) 終盤の闘いなんてスターウォーズ新3部作(Ⅰ~Ⅲ)のCG大戦みたいで興ざめしたし。結局肉弾戦になるし。(←それは否定しないけどね。)アイアンマンがナノマシン仕様になって何故かガッカリしたし。(トランスフォーマーの新作もそうだけどさ。ガチャガチャいって変形合体する姿に興奮した人種にとってCG感アリアリの描写はちょっと・・・ね。)

にしても各キャラと出身地(=冠映画、って言葉あるのかな?)、それぞれの世界観が確立されているが故に劇中の各エピソードへの感情移入が強すぎて、誰のために涙を流しているのか訳わかんなくなったというのが正直な気持ち。最後の最後で仰天したけど、あのキャラ自身も信じるものの為に突き進んでいたという事実。どう咀嚼していいのかわからないな・・・。各キャラの出演作を全て予習したいところだけど趣味趣向の世界だからそれも叶わず。どうしよう・・・やっぱりもう1回観ようかな?


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

2018年04月|2018年05月 |- ブログトップ
TweetsWind