So-net無料ブログ作成

スター・ウォーズ/最後のジェダイ:次回の三角関係に期待(嘘;) [映画]

01_EP8.jpg

スター・ウォーズ/最後のジェダイ 
Star Wars: Episode VIII - The Last Jedi

妻と次女のインフルエンザが回復するまで家事手伝いに翻弄した昨年末。なかなか風邪ひかない私と長女が「・・・バカなのか?」と心配になった頃、クリスマスイブにも気づかぬまま4DX吹替え版を回復した家族と鑑賞。
4DX初体験の私は冒頭いきなり気分が悪くなり、夜までず~っと偏頭痛で作品に集中できなかった。(泣;もともと偏頭痛持ちでさ~。大好きな映画館内で発生しなくていいのに。)
そして年明け早々、字幕版で復習したけど未だ消化不良気味。でも面白かった。出来ればもう一回観たいけど「キングスマン」続編が控えてるので・・・。なんか「ダークナイト・ライジング」を観た直後の気分で、傑作「ダークナイト」の続編への期待とのギャップに落胆してたら後日じわじわと面白さが理解できてくる、って感じだろうか?もちろん本作、一度でもフォースを信じた人種(=私)必見。ところで予告編で観たスピンオフ「ハン・ソロ」のタイトルは正気かね?(爆;)なんか別な意味で衝撃的なタイトルクレジットでさ。もうちょっと凝ってもいいじゃん・・・ブツブツ。


ネタバレ無しでの感想は、良くも悪くも期待を裏切られた新たな展開って感じで最後まで楽しめた。前作「~覚醒」のラストシーンで見つめ合うレイと老ルーク。レイの差し出すライトセーバーを手に取りルークは「 I am your father...!」レイは眉一つ動かさず「... I know. 」・・・という展開にはならなかったので安心した。(爆;まさかまかさそうなるハズは無いと思ってたけどさ。やっぱりそんなハズないよね。)ソレハサテオキ。キャリー・フィッシャーの遺作となったエンドクレジットに彼女の名が二度登場・・・二度目は「姫君の思い出と共に」(私の意訳)と添えられている。何といってもマーク・ハミルが再びライトセーバーを振るう姿を大スクリーンで観れるとは!アンソニー・ダニエルズとフランク・オズの名がクレジットされているのも嬉しいし。


以降、思いっきりネタバレ+個人的な感想+愚痴ですので未見の方は閲覧注意。

02_Walker.jpg
今思えばポスター含めて「帝国の逆襲」的なプロットだけど予告編のコピーどおり衝撃だった。あのルークが鬼の形相で愛弟子の寝込みを襲うなんて!私には未だに受け入れ難い展開で咀嚼・理解できてない。既に反乱軍は壊滅寸前。伝説のルークも人員も失った反乱軍に残された希望は何か?フォースに目覚めたレイ(=光?綴り違いだけど。)と僅かな生き残りだけが全宇宙の希望。次の世代に期待を残しつつ、「最後のジェダイ」はルークからレイに託され終幕。(だよね?)もちろんSW自体がジョージ・ルーカス個人の趣味趣向の世界なので些細な演出上の不備に口出ししちゃいかんのはわかるけど、例によって人間ドラマや戦術的な荒さも多々ありますな。(後述)無茶な戦法で消耗戦を挑む反乱軍を見てたら悲壮感を通り越して危うく笑いそうになったもん。(苦笑いね。)

03_Luke.jpg
マーク・ハミル自身の剣術も感激したけどミレニアムファルコンの電源を入れるシーンが感慨深くてさ。彼がここに入るのは公式には「帝国~」で右手を失ったとき以来か?「~覚醒」でハンとチューイが戻ったシーンのような嬉しさアリ。最後の闘いで彼は赤い足跡を付けなかった事に気付いたのは私の次女だった。(マズイ、越された!だって4DXに酔ってたもん、私。)あの金のチェーンは何だろう?レイアとハンとの何かの思い出の品かな?こんな髭モジャになったのに精霊ヨーダからペシペシ叩かれ子供扱いされる姿が面白い。邪推だけど、もしかしたら劇中ルークが語るようにフォースは全てのものに宿っていることで「最後のジェダイ」はレイだけでなく、全宇宙に散っている光(今現在と将来復活する反乱軍)の事だろうか?「帝国~」のように「Another one」といった明確な台詞もないのでピンと来ないけど。実はラストシーンの箒が衝撃的で(1回目は気付かなかった。)まだこの宇宙には未知のフォース使いがいる事を示唆している。


04_R2D2.jpg
カイロに襲われた直後のシーンで寄り添う二人。ルークとR2-D2はずっと共にいた事がわかる。(相方のC-3POが可哀想に・・・。)ミレニアムファルコン内で再会したR2にルークは、若かりし頃のあの声で嬉しそうに(尻上がりで)「R2!」と叫ぶ。そうだよ。彼の冒険はあの時R2が見せたレイアのホログラムが全ての始まりだった。それをまた再生するR2にルークの優しい「卑怯だぞ」・・・。海に沈めたXウィングを引き揚げて「いくぞR2!」の台詞を期待したのに、残念!もちろん最後(最期)の姿に感激したよ。


05_Kylo.jpg
カイロ・レンは今回もジェットライターみたいなバチバチクロスセイバーを振り回す。レイとカイロの葛藤と心の交流、そして対決に至るまでの心象描写と緊迫感が凄くて。かつてルークが父・ベイダーの良心を信じたように、レイもカイロを信じた。それを仲介したのが実はスノークでカイロ自身も彼の手の平で弄ばされていたことに衝撃を受ける二人(と観客=私)。結局カイロは暗黒面から抜けられず。そんな彼にレイは未だ光が戻るのを待っている。一体どうなるの?本当に次の展開が待ち遠しい・・・裏を返せば物足りなかったということかな?二時間半もかけて。(爆;)まぁどんな展開になっても賛否両論あるのはわかり切ってるからね。


06_Rey.jpg
「~覚醒」でフォースに目覚めたレイ。本作でもレイの出生は明らかにされないけど彼女はジェダイでしょう?私の不満は、彼女が誰から力を受け継いだのか明らかにならない事ではない。せっかくずぶ濡れになるのに着替えシーンのない事。(爆;)いやいや、誤解しないで欲しいけど、上半身裸のカイロ・レンと長距離会話するシーンで「最悪のタイミングね。・・・何か着てよ!」って照れるシーンがあるから、その逆もあるのかと期待しちゃったもの。その場合カイロは2度目の「凄いな・・・」を発言するのかな?(きゃー、怒らないで!)良くも悪くもこの二人の心の交流と共に闘う姿、そして対決、決別に至る迄の姿に圧倒された。結局彼女はルークから彼女自身のポテンシャルを引き出されただけだったんだろうか?ルークのそれとは違う鬼気迫る形相で剣を叩きつける様や、ミレニアムファルコンの銃座で嬉しそうにタイ・ファイターを打ち落とす姿が可愛い。結婚してくれ。次作で期待するのはレイ+フィン+ローズの三角関係か?(爆;)ところで彼女はカイロとの闘いの後、どうやってミレニアム・ファルコンに戻ったんだろう?そんなシーンあったっけ?


07_Rose.jpg
先生、反乱軍の脱出作戦を帝国に流出したのはこの二人です。(爆;)昏睡から目覚めたフィンと新人ローズ。追手の追跡装置を無力化する為に、縁も所縁もアポも無い鍵開け達人に会いに行く。案の定、拘束されるが同じ牢獄に偶然(偶然?)別の達人・デルトロ様が!(なんじゃそりゃ。)そんな人に依頼するかね、フツー?そもそも二人は脱出作戦をいつ知ったの?ポーでさえ知らなかった機密事項を達人デルトロ様に教える必要無いし。一連の潜入~脱走劇とローズのキャラ、丸々カットで良かったんじゃない?最後の基地でも大砲破壊の邪魔するは、勝手に恋愛ドラマを始めるはで、今回全然良いとこ無し。大体このSW世界では拘束するとき身体検査しないの?金庫破り道具一式持ってるじゃん、デルトロ様。おかげで「~覚醒」でポーからもらったジャケットを紛失した模様。


08_Phasma.jpg
フィンは因縁のファズマ隊長と一騎打ちするシーンがあるけど微妙に消化不良。ファズマ様の美貌を期待してたのに金髪と片目だけしか見せないんだもん。素顔は素敵な方です


09_DJ.jpg
デルトロ様。まさかこの人がSWサーガに関わってくるとは。私は直前に観た「ボーダーライン」の印象が強烈過ぎて、今回の吃音持ちならず者役がしっくり来ない。(もっと言えば「消されたライセンス」の印象も強くて・・・。)結局善人なのか悪人なのか微妙な立ち位置だったね。帝国も反乱軍も武器の供給元は一緒という伏線、いつかこの人が回収するのかね?てっきりホルド中将と結託してるのか?と疑ったけど二人とも関係無し?もし次回登場しなかったら勿体なさ過ぎるキャラ。絶対復活希望。フィルモグラフィー見るとアベンジャーズの次回作に出るらしい?


10_Holdo.jpg
レイアから権限移譲されたホルド中将。この状況で一人だけセレブな衣装な特別対応。登場シーン前の前振りが無いから使い捨てキャラ(失礼)か悪役と思ってたら、残念ながら前者でした。ポーが「あのホルド中将?」って振るから信頼厚い人かと思ってたのに、反抗するメンバー多数。私は劇中ず~っと笑い飯・哲夫に見えてさ。せっかく良い役だからポー達との和解シーンがあればいいのに。脱出作戦を守る為に我が身を犠牲にするけど遅過ぎ!ところで一隻のハイパードライブ軌跡で敵艦隊全てにダメージ与えるってどういうロジックだい?無人のクルーザー使って最初からやれば効果絶大では?


11_mono.jpg
雪の惑星・・・ではなく真っ白な塩惑星ではモノスキー付き戦闘機の赤い軌跡が印象的。綺麗だけど目視で発見されやすいのでSW世界の有視間戦闘では不利だよね?(現代戦でもそうでしょう?)低空飛行専用なのはホスのスノースピーダーと一緒か。それにしても数少ない反乱軍の戦術が消耗戦というのは・・・ね。(ごめん、これ以上言わない。)


12_bom.jpg
当然ポーが悪いんだけど、冒頭の爆撃もエライ効率悪くて。ヒット&ランな戦法とらないと命をかけた名もない反乱軍の面々が浮かばれませんぞ。爆撃シーンは恐らく惑星の重力圏内だから成立したと思うけど、宇宙戦で「投下」の概念ってあるのかね?個々の爆弾は戦闘機から落とせるサイズだから今回の遅い遅い爆撃専用機なんぞ使わなくてもよさそう見えたけど?(ごめん、また言っちゃった!)


13_Poe.jpg
ポー、活躍の割りにはレイアに降格された経緯も当然納得。ところでXウィングに乗り降りするときキャノピーの角で怪我しそうなのは私の杞憂かな?


14_Hux.jpg
ハックス将軍。倒れたカイロ・レンに銃を向けようとするシーンに彼の野心を垣間見るけど残念ながらカイロ帝国に遜る。まぁ相手が悪かったというか・・・ちょっと同情した。

15_Exmachina.jpg
キャスト見てて気づいたけど、このポー役のオスカー・アイザック(右)とハックス将軍役のドーナル・グリーソン(左)、「エクスマキナ」の主役二人だったのか!全然印象違うぞ!?ちなみにそれはアップルシードの同名3Dアニメ「エクスマキナ」ではないので。念のため。


16_Leia.jpg
レイア・オーガナ将軍。予告編の流れで、カイロの攻撃で命を落とすものと思ってたけど、あの帰還シーンは何だろう?悪魔の実のように、無意識でも自然に身を守るシールド的なモノか?私はあれですっかり興覚めしてしまった。あえて真空に放り出さなくても、その場で倒れて後に目覚めても良かったかな・・・演出的に残念。ところでC-3POに「不安そうな顔をするのは止めなさい」っていうのは酷過ぎないかい?長い付き合いでしょ。ドロイドの感情表現については「スター・ウォーズ最新科学読本」が詳しい。←これ、SFを現代科学の範疇で無理やり再現して笑いを求める「空想科学読本」よりず~っと真面目で素敵な良書だと思う。


17.jpg
ミレニアムファルコンに住み着いたピカチュウ?まさかチューバッカが焼いていた肉はこれか?(謎;)塩惑星を飛び回る船内で窓にへばりついたりキュートさをアピールするけどゴメン。私には可愛く無い。(爆;)


というわけで感激・不満・愚痴が入り混じってますが私は面白かったのでエピソードIXを心待ちにしております。私は旧三部作(エピソードIV~VI)のデジタル加工追加・改変版が大っ嫌いなので全作を揃えようとは思わないけど「覚醒~」と「ローグワン」以降はブルーレイ、買ってみようかな。


nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 2

たいちさん

丁寧な解説、よくわかりました。4DXの体験がないので、私も体験したいと思いました。(最近は、ほとんど映画館へ行ってません)
by たいちさん (2018-01-07 23:35) 

たいへー

フォースを信じる・・・まだ波が来ない。^^;
by たいへー (2018-01-12 08:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

TweetsWind