So-net無料ブログ作成

ワンダーウーマン:強すぎるのも微妙? [映画]

358186_001_Copy.jpg
ワンダーウーマン
WONDER WOMAN (2017)

「ワンダー」と聞いて思い出すのは「ワンダー・シビック」「スティービー・ワンダー」な私だけど(爆;)諸々の事情で意気消沈した帰り道、会員登録もしてないシネコンで(=ポイントもつかないのに、)思いつきでレイトショー鑑賞したのがマズかったのか?正直、私にはピンとこなかった。セクシーさで攻めるならシャーリーズ・セロンかアンジェリーナ・ジョリーでしょ?でも本作は残念ながらヒーローだから。主役のガル・ガドット(ギャドット)様はイスラエル出身で兵役経験もある!?本物の強い女が強いヒーローを演じているからアクションにリアリティが生まれたのはいいけど途中から度が過ぎて。なんか違うぞ感が膨らんできて、どう観るべきか悩み始めたらどんどん感情移入できなくなった。よって、好きでも嫌いでも無い作品にネガティブな感想を言うのもアンフェアなので、本作の感想文はこれにて終了! 一言だけ言うと、前線の塹壕にあんな姿で登場した日には男どもはもう・・・拍手喝采どころの騒ぎじゃ済まないでしょ?きっと。(爆;)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

TweetsWind

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。