So-net無料ブログ作成

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー :スターダストに込めた想い [映画]

rogueone_onesheeta_1000_309ed8f6.jpg
Rogue One: A Star Wars Story
マレーシア出張中にホテル最寄りのシネコンで、計3回観た。(大人RM13.00=300円ちょっと。日本より激安!)当然日本語字幕が無いので理解度50%位だけど私は大泣き。だって素晴らしすぎて。帰国後に字幕版で復習して更に小泣き。(4回目は流石に慣れるでしょ?)誤解を恐れずにあえて言うけどSWファン限定作品。「フォースの覚醒」は新章なので初見でも分かりやすいと思うけど、この「ローグ・ワン」は別でしょ?これこそSWファンでなければ何に感涙してるか理解できないと思うぞ。少なくともエピソードⅣ~Ⅵ予習必須。アニメ版「クローン・ウォーズ」みたいな純然たるスピンオフだと思って油断していたよ・・・。「エピソード3.5」と名付けなかったのは多分、壮大なSWサーガのほんの一部「ローグ・ワン」の奮闘のみを描いた話だからかな?ジョージルーカス自身がそこまで考えて「Ⅳ」を作ったわけじゃないよね?多分。

以下、ネタバレ無しでこの感激を伝える事が出来ないと思うので未見の方は閲覧注意。


ギャレス・エドワーズ監督の旧三部作(Ⅳ~Ⅵ)に対する溢れんばかりの愛情を感じずにいられない。でもそれだけじゃないんだよ。父の意思を継ぐべく奮闘する主人公ジンだが中盤、反乱軍の理解を得られず意気消沈。帝国の圧倒的な戦力を前にし、既に彼らに希望は無い。そんな彼女の前に立ち上がる反乱軍の曲者一同(=Rogue)と、キャシアンの「I believe you.」己の犠牲も厭わず激しい闘いに挑み、次々と仲間が倒れ行く中で遂に任務を成し遂げる。見上げれば空に浮かぶデススター。傷だらけの二人が海岸にたどり着く間に、残酷にもデススターのレーザー砲発射プロセスを挿入するのだよ。その直後に何が起こるか皆知ってるよね?迫り来る業火を背景にした悲劇的なエンディングなのに、静かに、優しく、眩い光が二人を包み込む。(こんな名シーンあるかい?)打ちひしがれる観客(=私)の心を打ち砕くように登場する呼吸音と赤く発光するライトセーバー。(よっ、暗黒卿!アナキンではなくダースベイダーの姿で反乱軍をなぎ倒すのは初めてではないか?)そしてⅣにつながる、あの人の最後の言葉。「希望(=HOPE)」(スペシャルサンクスの一番最後にキャリー・フィッシャーの名がある。)「Ⅳ」のサブタイトル「New Hope」がじ~んと胸に湧き上がり終幕。すげ~演出だよ、この監督!!!ジンの演説シーンからの盛り上がりが凄くて気づかなかったけど、スターデストロイヤーがシールド船に激突して以降のBGMが凄く優しくてさぁ~。涙が流れっぱなし。よき~。

「~覚醒」同様、戦闘シーンも凄い。光学合成時代(Ⅳ~Ⅵ)ともフルCG時代(Ⅰ~Ⅲ)とも別次元の映像技術が凄い。本当に戦争映画みたいだ。久しぶりにYウィングの雄志に感激してたらなんと、レッドリーダー、ゴールドリーダーが(当時の姿のまま)コールするショットにぶっ飛んだよ。(笑;ウェッジも出して!)「Fighters comin' in !」の後には「ジェダイの復讐」当時、ILMが光学合成数の最高記録を誇ったNewデススターでの戦闘シーンを彷彿させるカメラワーク。(だよね?)当然エピソードⅣ直前なのでXウィングはオリジナル造形。大気を切り裂き水しぶき・土しぶき?を巻き上げ、樹木をなぎ倒して飛び交う空中戦の数々。背後についたタイファイターを撃ち落とすとか、照準~撃墜までとか、旧シリーズのオマージュ多数。

地上戦も熱くて、泥塗れな血なまぐさい闘い。(血の表現自体はそんなに無いけどね。「~覚醒」でストームトルーパーの白いヘルメットに残る血の手形は結構衝撃だったね。)無敵のウォーカー出現、足元を歩く白い歩兵(「~帝国」の雪原オマージュと思った私は考え過ぎかな?)、敗走する反乱軍の前で脚を攻撃され倒れるウォーカー。(「帝国」だ!)

登場人物も皆熱くてね~。デジタル化如何を問わずに当時の登場人物がそのまんまの姿で出てくるのは嬉しくなった。冒頭いきなりターキン総督が出た時に驚いたし。チアルートとベイズの「フォースが守ってくれる」・「俺が守ったんだよ!」の微笑ましいくだりとか、無駄にダースベーダーな呼吸音のフォレスト・ウィティカーとか(ミスキャスト気味かも!?)、てっきりアンソニー・ダニエルズの声かと思ったドロイK-2SOのシニカルな口調がC-3POを彷彿させる、と思ったら、しっかり凸凹コンビも出てくるし。(笑;この後また壮大な旅に出る事も知らずに。)K-2SOとジンの微笑ましいやりとりと終盤の熱い闘いもね。(Good Byeって、もう二度と会わないサヨナラらしいぞ。英語的に。)

以降は愚痴モードで気になる点をいくつか。アンテナ塔の抜け道にミレニアムファルコンのトップハッチあり。(あんな危ない通路つくるな。)Ⅳでルークに因縁をつけてくる二人組、もともとそんなタチなのね。(その後の運命も知らずに・・・。)ストーリーの熱さに隠れてるけど反乱軍の戦術はかなり行き当りばったりで、相変わらずシールド問題に直面してる。(爆;)あと、「Ⅳ」当時手抜きと言われた銃器プロップはWWⅡ時代の銃器がベースなのは有名だけど、(実際に空砲を撃つ事で発砲タイミングに現実味を持たせている)今回M16系レシーバーの銃を持ってるのが気になったな。(←ここだけ減点。SWの時代考証的にどうかね?私自身はM16/M4系レシーバーが嫌いなので。)

最後に。自分の人生を賭けた物に「マイ・スターダスト」と名付ける父親の気持ちはよくわかる。積もる話もできずに逝ってしまった彼は、どんな想いでデススターに戻ったのか。ラストシーンも含めて今までのシリーズとは違った想いを胸に劇場をあとにできます。名作。


nice!(7)  コメント(8) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 8

たいへー

心は宇宙のようですが、地球は年の瀬です。
良いお年を。^^
by たいへー (2016-12-30 08:01) 

YaCoHa

t-toshi さん、ありがとうございます。
by YaCoHa (2017-01-08 22:07) 

YaCoHa

たいちさん さん、ありがとうございます。
by YaCoHa (2017-01-08 22:07) 

YaCoHa

たいへーさん、今年もよろしくお願い致します。(ごめんなさい、年が明けてしまいました;)
by YaCoHa (2017-01-08 22:09) 

YaCoHa

silvercopen さん、ありがとうございます。
by YaCoHa (2017-01-08 22:10) 

YaCoHa

non_0101 さん、ありがとうございます。
by YaCoHa (2017-01-08 22:10) 

YaCoHa

コザック さん、ありがとうございます。
by YaCoHa (2017-01-08 22:12) 

YaCoHa

mini-hiro さん、ありがとうございます。
by YaCoHa (2017-01-14 20:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

TweetsWind

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。